090-7367-9419
平日8:00~18:00 土曜日9:00~17:00

ブログ│中古プレハブ販売施工 京滋プレハブ

中古プレハブ販売京滋プレハブ HOME > ブログ

ブログ

鉄部の錆止め塗装に付いて

投稿日 :
2018-04-26 09:53:30
カテゴリ :
中古プレハブ豆知識
WRITER :
中古プレハブ会社のスタッフ
  • 全体にツヤがなくなり色あせが目立ってきた
  • 塗料がはがれたり、はがれかかっている
  • 塗料の表面が粉っぽくなって、触れると粉がつく
  • サビが出ている等の症状中古プレハブに出てきたらさび止め塗装を考える必要があります

粉っぽくなった塗面 やゴミ、油分などを落とし、ペイントうすめ液で良く拭いておきます。 サビは、サンドペーパーやワイヤーブラシで落としておきます。はがれかかった古い塗料を、 皮スキやワイヤーブラシでとり、サンドペーパーで凹凸 をなくします。 サビ落としをした部分にはサビドメ塗料を塗っておきます。下地調整後、目的に合った塗料選びます。塗料は、使う前に棒などで容器の底から良くかき混ぜて均一にします。塗りにくい時はその塗料にあったうすめ液(5%以内)を入れてます。最近では速乾塗料が出ていますのでこれを使うと便利です。

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ